行政による地域猫ガイドライン

「地域猫活動」とは、

地域にいる飼い主のいない猫の問題を、

地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者

協力しあって解決を目指すことにより、

人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。

具体的には、猫のトイレ、エサ、繁殖などを地域で適正に管理することにより、

飼い主のいない猫によるトラブルを減らし地域環境を改善していく活動です。

◎練馬区の地域猫対策は、公式HPをご覧ください。

飼い主のいない猫対策

地域猫活動ガイドライン

登録ボランティアの募集

 

東京都の地域猫活動のガイドです。

「飼い主のいない猫との共生をめざすガイドブック」 (PDF44ページ)

 

全国共通の地域猫対策は、環境省のガイドラインをご活用ください

「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」 (PDF24ページ)

練馬区のチラシ

地域猫の説明に使えるわかりやすいチラシです。

 

 

 

 

表面:まちのノラ猫問題なんとかならないの?
餌をやる人、それを怒る人の対立
>保健所では駆除はしません。餌やりをやめても根本的な解決になりません。
まちのノラ猫問題なんとかならないの?.jpg
JPEGファイル 805.1 KB
裏面:地域の力で被害を減らしましょう。
区が推奨する解決策
1不妊・去勢手術、2適切な給餌、3清掃
地域の力で被害を減らしましょう.jpg
JPEGファイル 872.4 KB
飼い主のいない猫の対策
飼い主のいない猫の問題とその対策を紹介しています。
餌やりさんに守ってほしい4つのルール
①他人の敷地で勝手に餌やりをしない
②不妊・去勢手術をする
③糞の始末をする(猫トイレの写真も掲載)
④置き餌をしない
飼い主のいない猫の対策.pdf
PDFファイル 1.6 MB
猫を飼う方へのお願い
猫が地域の嫌われ者にならないよう、ぜひ以下のことにご配慮ください。
①とにかく不妊・去勢手術を!
②完全屋内飼育を!
③迷子猫にならないために
猫を世話する方へ.pdf
PDFファイル 355.8 KB
置き餌の問題
なぜ、置き餌が問題になるか、わかりやすく図解しています。
置きエサするとどうなる?.pdf
PDFファイル 395.6 KB

What's New