飼い猫が迷子になったら

時間が経つほど、探すのは困難なので、初動が肝心です。

 

【迷子になってすぐにすること】

通常、完全室内飼いの猫は遠くに行けず、誰にも見つからない場所に身をひそめています。

ご近所の方にも、協力をお願いして、隠れられそうな場所を見てもらってください。

 

探しに行く時は、好物のフード、キャリー、懐中電灯をご用意ください。

運よく見つかったら、大き目の洗濯ネットでそっとくるんでください。

(普段大人しい猫も、外では興奮して暴れることがあります)

 

その場で見つからない場合は下記に連絡してください。

①最寄の交番

②市役所・区役所など町の役場で動物を担当する部署に相談

  練馬区であれば、練馬保健所 生活衛生課 03-5984-2483

③自治体で、保護動物が収容されるところ

  東京都23区であれば、東京都動物愛護センター 03-3302-3507

④近隣の動物愛護団体・グループ

  保護されている可能性もありますし、捕まえるノウハウを教えてくれるかもしれません。

 

東京都「犬・猫を逃がしてしまったら」

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/douso/sissou/

 

【チラシを作る】

迷子の猫を探しています

・特徴がわかる全体の写真、

・逃げた日時、場所

・氏名・連絡先

「大切な猫がいなくなり、必死に探しています。

どうぞ、お力を貸してください。

万が一見かけたら、連絡をください。

可能であれば、エサで引き寄せて保護してください。」

 

チラシは近隣、数十件に配布し、できるだけ多く貼ります。

・自宅の塀、近所の協力者、マンションの掲示板など

・電信柱 角々や人目に付く場所

(違反ですが緊急事態なので「2週間ではがします」と書いて、貼らせてもらいます。発見したらすぐにはがしましょう)

・町内会・自治会の協力が得られれば、町内会掲示板や、回覧板

・近所のスーパーなど人の集まるところ

・動物病院、ペットフードを売る店など、猫を保護した人が行きそうな場所

 

迷子ペット.net では有料でチラシ印刷・即日発送をしています。

 

【ネットでの捜索】

・Twitter、Facebook、ブログなどのSNSを通じて探す

・純血種・美しい・かわいい・人馴れなどの猫は、保護した人が里親募集する可能性がありますのでチェックしてください。

日本最大の里親サイト「いつでも里親募集中」

http://www.satoya-boshu.net/first_siganc.htm

・迷子ペットの掲示板にお尋ねを載せます。

http://www.mayoi-neko.net/

http://www.vets.ne.jp/bbs/c_6102.cgi

 

【なかなか保護できない時】

元野良猫の場合、捕まえようとすると逃げることがあります。

餓死したり、餌を求めて遠くへ徘徊しないよう、自宅周辺で餌付けをして、そこに留まらせるのが肝心です。

その猫を助けることができるのは飼い主さんだけです。

最後まで、けっして諦めないでください!

 

【ペット探しの探偵】

基本的にすることは上記と同じで、探せる時間も限られています。

猫の性格を知り、地元に精通した飼い主さんの本気の努力に勝るものはありません。

見積りを確認し、見つからないのに高いお金を払わされたと不満を持つことのないようにしましょう。

 

【無事発見されたら】

関係した人、全てにお知らせとお礼の連絡をしてください。

(知らずにずっと探し続けるかもしれません)

チラシの場所には、「発見しました。ありがとうございました」と新しいチラシを貼ります。

(読んだ人が安心するし、優しい思いやりのある町になります)

保護をしてくれた方には、その方の労に報いるお礼をしましょう。

 

迷子にさせないために

・飼い主氏名・電話番号をつけた首輪が有効です。

 

何かに引っかかり、首つりにならないように、強い衝撃で外れる市販の安全首輪がお勧めです。

普通の首輪でも、止める部分を写真のように加工すれば安全首輪にできます。

 

青=もとの状態です。引っかける部分があります。

赤=引っかける部分を爪やすりで削りました。

 

・マイクロチップを入れておく

動物愛護センターや動物病院など、マイクロチップリーダーを持っている場所に保護されたら、連絡がとれるでしょう。

What's New